症状別メニュー

こんな症状がありませんか?

頭が痛い、めまいがするといった体の不調や、うまく話せないというような普段と違う違和感がある際は、当院までご相談ください。
場合によっては急を要する治療が必要となる場合がありますので、我慢せずに早めに受診しましょう。

よくある症状

頭痛

当院で一番多いお悩みが「頭痛」です。
一口に頭が痛いといっても、ズキンズキンと脈打つように痛い場合や、意識を失うほど強い痛みなどさまざまです。
一般的なものは慢性的な片頭痛や緊張型頭痛が多くを占めますが、なかには脳梗塞や脳出血、脳腫瘍など命にかかわる重篤な病気が潜んでいることもあるので注意が必要です。

考えられる病気
  • 慢性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛)
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • 鼻の病気(蓄膿症、副鼻腔炎)
  • 耳の病気(中耳炎)
  • 目の病気(眼精疲労、緑内障)
  • 口腔内の病気(額関節症、噛み合わせの悪さなど)

など

めまい・ふらつき

めまいやふらつきには、自分や周りの景色がぐるぐる回っている「回転性めまい」と、足下がふわふわ、グラグラするといった「浮動性めまい」があります。これらの場合、脳貧血や脳梗塞といった脳の病気や、メニエール病などの耳の病気が疑われます。
めまい・ふらつきとともに嘔吐する、手足がしびれる、ろれつが回らないといった症状が伴う場合は、脳梗塞が疑われるため早めの受診が必要です。

考えられる病気
  • 脳貧血
  • 慢性脳循環不全
  • 脳梗塞
  • 耳の病気(メニエール病、良性発作性頭位変換性めまいなど)

など

ろれつが回らない

舌がもつれる感じがする、言葉が引っかかって出てこないといった言語障害が出る場合は、脳梗塞や脳出血といった脳疾患が疑われます。いずれも急を要する病気なので、ろれつが回らないと気付いたら早めに受診しましょう。
また、舌がんやパーキンソン病でも同様の症状が出やすくなります。

考えられる病気
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 一過性脳虚血発作
  • パーキンソン病

など

手足の痺れ

手足に痺れを感じる、物をつかみにくいなどの症状が出た場合は、脳や脊髄、手足の末梢神経の病気が疑われます。
脳の病気の場合は、動脈硬化によって脳の血流が悪くなる「一過性脳虚血発作」が原因になるケースが多いのですが、これは悪化すると脳梗塞になる恐れもありますので、早めに治療をスタートしましょう。

考えられる病気
  • 一過性脳虚血発作
  • 首の病気(腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症)
  • 胸郭出口症候群
  • 腰の病気(腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛)

など

顔の痙攣、麻痺

顔が自分の意志と関係なく痙攣したり、自由に動かせない麻痺状態をいいます。
最初は目の周囲がピクピク動くことから始まり、次第に頬や額、口周りに痙攣部分が広がります。
脳の深部において、何らかの理由で血管が顔面神経を圧迫していることが原因と考えられますが、脳腫瘍によって圧迫されているケースもあるので注意が必要です。

考えられる病気
  • 脳腫瘍
  • 顔面神経麻痺
  • 顔面けいれん

複視・視野障害

ものが二重に見える、ダブって見える、視野が急に狭くなる、視力が急に衰えるという症状を「複視・視野障害」といいます。
白内障や乱視といった目の病気が原因の場合もありますが、脳梗塞や脳出血などの脳の病気が疑われます。

考えられる病気
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • 脳動脈瘤
  • 脊髄小脳変性症
  • 目の病気(白内障や乱視など)

など

耳鳴り、難聴

周囲の音と関係なく自分の耳の中で音がする「耳鳴り」や、音が聞こえにくくなる「難聴」は、耳の病気だけではなく脳の病気が原因となる場合もあります。
聴覚を司る脳の聴神経の部分に腫瘍ができる「小脳橋角部腫瘍(聴神経腫瘍)」では、このような症状が起こりやすくなります。

考えられる病気
  • 小脳橋角部腫瘍(聴神経腫瘍)
  • 耳の病気(突発性難聴、メニエール病、中耳炎など)

など

もの忘れ

人の名前が出てこないといった「もの忘れ」は、ときどきであれば誰にでも起りますが、それが頻繁に起こるようになったり、自分がついさっき取った行動も忘れてしまうといった症状が出てきた場合は、「認知症」である場合もあります。
認知症にはさまざまな種類があますが、早期発見・早期治療を行えばある程度進行を抑えることができます。早めの診療を心掛けましょう。

考えられる病気
  • 認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症など)
side_inq.png